まだ知らない!?駐車場シェアリングサービス「akippa」

akippa

いよいよ7月に突入ですね!

花火大会や海水浴、フェスなどなど。

暑い夏を満喫できるイベントが

徐々に始まってくる季節になりました。

大盛況のイベントであるからこそ

困るのが駐車場じゃないでしょうか。

駐車場の確保者がイベントを制す。

というと大げさでしょうか。

今回は一般の人には知られざる駐車場についてご紹介します。

それでは、張り切ってどうぞ!

akippaについて調べてみた

akippa運営会社について

akippa(アキッパ)はakippa株式会社が運営しています。

駐車場予約アプリである「akippa」の運営を主事業としています。

設立10年目を迎え

各種メディアでも取り上げられています。

akippaの仕組みとは

akippaは、駐車場を貸借することを可能とする

シェアリングサービスです。

個人でも、所持している土地を利用して

駐車場とすることが可能です。

スマホやパソコンで駐車場登録することができ

休んでいる土地の有効活用が可能です。

また、イベントなどの際に混み合う駐車場を避け

ストレスフリーに駐車することが可能です。

決済もアプリ内で行うことができます。

2004年の4月にリリース後

5年を待たずして会員数が100万人を超えている

大注目のサービスとなっています。

唐津市内で利用可能な場所

2019年6月時点

akippaに登録されている駐車場は

見当たりませんでした。。

唐津くんちや、海水浴場オープン時には

路上駐車が増えると聞きました。

お近くの方はぜひお試しになってはいかがでしょうか!

なぎさ
既存の駐車場よりも安く利用できる場合もあります!

日南市内で利用可能な場所

2019年6月時点

akippaに登録されている駐車場は

見当たりません。

まぁ

有料駐車場自体が日南にはないですもんね。

ちょっと遠くても無料で駐車して

歩いて移動しますわね。

プロ野球キャンプ時やイベント時は

ニーズもあるんじゃないかと思います。

なぎさ
キャンプの時は間違いなく利用者がいると思うんですよねー

akippa駐車場を利用する

専用アプリに登録する

akippaを利用するには無料の会員登録が必要です。

SNSアカウント、またはメールアドレスが必要になります。

アプリはAndroidとiphoneどちらでも対応しています。

利用駐車場を探す

検索機能やアプリ内地図から利用を希望する駐車場を探します。

希望の駐車場を見つけたら、使用希望日を選択します。

駐車場15分単位で予約することが可能です。

条件にもよりますが、定期利用サービスも可能であり

通勤で毎日駐車場を利用する方などにはお勧めします。

先行予約オプションを利用する

人気の駐車場や、イベントや試合観戦などへ

頻繁に行く方にお勧めのオプションです。

月額300円支払うことで、

一般の人よりも早く駐車場を予約することが可能です。

さらに、今だけ限定企画として

先行予約オプション利用の方にはクーポンが発行されています。

月額300円が無料となるうえに

最大100円から使用できるクーポンがもらえます!

駐車場を貸してみる

これであなたも駐車場オーナー

駐車場を借りるだけでなく、貸すことができるのがakippaです。

土地を所有していて、遊休地となっている方にとっては

新しい利用方法としていかがでしょうか。

駐車場を登録

まずはじめに

現在登録が混み合っているようです。

登録までには時間が掛かるようですので

興味が合う方はぜひお早目に登録しておくことをオススメします。

登録には居住地や生年月日、電話番号の登録がまず必要です。

その後、駐車場の登録となります。

駐車場の住所、名称、駐車場のサイズなどの情報を入力し承認を待ちます。

駐車場登録の際には、下記の点が注意点となります。

登録時に同意する内容

・1度の登録で1つの駐車場のみ登録できる

・1日あたり4時間以上貸し出すことができ、平置きの駐車場であること

・日をまたいだ貸出登録はできません

・料金設定をakippaに委託すること

・1つの駐車場で複数スペース貸し出す場合、貸し出しのスケジュール

・条件は全て共通とすること

なぎさ
必要情報を入力後、承認を待つことになります。が、結構時間が掛かるみたいです。気になる方はお早めに!

地元民あってのイベント

唐津は分かりませんが

日南ではイベント時に駐車場問題は

必ず発生しているように感じます。

イベントキャパに対しての駐車場の確保が難しいこと。

少し離れた場所からシャトルバスなどを出すにも

資金面の問題から簡単にはいかないようです。

その結果、路上駐車などが増えることで

結果として

地元住民に迷惑が掛かる事態となっています。

Akippaは奈良県生駒市と連携協定を結んでいます。

個人としてのシェリングサービスの利用はもちろんですが

自治体レベルでも取り組んでいく必要があるのではないかと思います。  

油津港まつり花火大会

宮崎県内最大級の花火だけじゃない!油津港まつり花火大会の楽しみ方

2019年7月17日
松林

夢の瞬間移動!?佐賀と宮崎デジャブスポット その1

2019年5月7日



移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。