競艇の知識がない素人が唐津競艇場へ行ってみた

唐津競艇場

日中はだいぶ暑くなってきましたね。。渚です。

最近CMでもよく見かけるボートレース。

皆さんはどれぐらいボートレースのことを知っていますか?

「競艇」「オラレ」「とにかく早いやつ」宮崎に居た時はそんな印象しかなかったのですが、車で10分程走れば唐津競艇場に行けてしまう環境となりました。

ちょっと興味もあって行ってきたのでまとめてみます。

それでは、張り切ってどうぞ!

唐津競艇場ってどんな所?

唐津競艇場の基本的スペック

通称「BOAT RACEからつ」と呼ばれ、1953年に開場されました。

人工のプールを整備し、近隣県のボートレースファンも訪れるよう広い駐車場が確保されています。

実はもともと、開設当初は唐津市栄町に存在していました。

しかし、水の確保や周辺住民への悪影響などもあり1975年1月に現在の場所に移転されました。

唐津競艇場へのアクセス

唐津競艇場へは、長崎自動車道「多久IC」より、厳木多久有料道路・国道203号線軽油で約30分程度かかります。

また、JR筑肥線「東唐津駅」が最寄りの駅であり無料バスが出ています。

地下鉄やJR利用者については片道分の料金が返ってくる特典もあるようです。

また、ボートレース唐津本場開催日については市内よりバスが運行しています。

なぎさ
そう言えばJR唐津駅にも競艇場行きのバス案内がありました!

唐津競艇場の特徴

競艇に関する知識がほとんどない私ですが、唐津競艇場の特徴は「向かい風の強さでレースの流れが変わる」ようです。。。

基本的な競艇の情報から収集しないといけないですね。ここは引き続き追ってみます!

競艇が分からない人でも楽しめる唐津競艇場

食事やイベントを楽しめる!

豪華なホテルと思ってしまうくらい広々とした場内ですが、食事をとれる食堂があります。

暖簾には食堂と書いてるのに、看板にはレストランホワイトと書いてある。

この感じが良いですよね(笑)

午前10時30分から午後2時まで営業しており、定食から単品料理を食べることができます。

食堂内にもモニターがあり、競艇の様子を見ながら食事をとれます。

また、特別なレースやイベントの際は場内で面白い催しが行われるみたいです。

競艇に詳しくない方でも楽しめるように色々とされているようです。

いつものコンビニにもちょっとした変化

唐津競艇場

同じ敷地内にはコンビニのポプラがあります。

飲み物から食べ物、一般的なコンビニにある物は揃っていました。

また、競艇選手とコラボした帽子や競艇情報載っている雑誌が置いてあるのは競艇場ならではないのかなぁと思いました。

外向発売所ドリームピットとは

唐津競艇場

こちらは競艇をより楽しむ施設なのですが、全国には24カ所あります。

そのうちの1カ所が唐津競艇場なのですが、ドリームピットでは唐津競艇場以外のレースを楽しむことができます。

午前7時30分からナイターレース終了まで、長い時間を楽しむことができます

一般的には無料で楽しめるのですが、有料席や有料個室も完備しているようです。

なんだかんだと言ってますが。。。

めちゃくちゃ快適!

場内に入ってからグーグル先生に色々と教えてもらいながら1時間程度過ごしました。

その間2レースあったのですが、何せ買い方も分からなかったのでブラブラしてました。

日中はちょっと暑く感じていたのですが、場内は冷房が入って快適に過ごせました。

また、コンシェルジュと呼ばれるスタッフも複数居たので、競艇が分からない人でも楽しめるように色々教えてくれたのかと思います。

あと、競艇のポスターって個人的に結構デザインが好きでずっと見て歩きました。

色々なパターンがあるんですが、ちょっと有名になったのがアンビグラムの「挑戦」ポスターですね。

意外と多い家族連れの皆さん

場内には家族連れの姿もポツポツと見受けられました。競艇は公営となるので18歳以上の学生ではない方であれば購入が可能です。入場については、未成年であっても保護者と一緒であれば可能のようです。中には3世代で来ている家族もいて、子どももレースの迫力に興奮しているようでした。

周りのザワザワに付いていけない。。

何事も初めてに関しては周りの人が先を行っているものです。

グーグル先生から①第1コースに入る艇が1位になる確率が高い②第1コーナーを制する艇が勝負を制する。

ぐらいの情報を得ていたんですが、他のタイミングで周りの人がザワザワするもんで。。

何が凄いのか、凄くないのか、まったく分からなかったです(笑)

そして、ちょっとビビッて今回は買うことなく帰りました。

いやいや、負け戦はしないタイプです!

今度行くときはぜひ競艇について知識のある人と一緒に行ってみたいと思います!




移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。