Iターン移住者の私が内定をもらう為に活用した転職サイト

転職

どうも、渚です。

先日福岡の人と一緒に山奥のある村に行く機会がありました。

目的地の周辺は田んぼや畑ばかり。

「すっごい田舎だよね」

って言われたものの

「私の地元も変わらないぐらいです」

と言ってちょっとひかれました(笑)

そんな私ですが、この度 転職活動の末

内定をいただくことができました!

今回は転職活動中に使用していた転職サイトについて

感じたことをまとめてみました。

それでは、張り切ってどうぞ!

とりあえず登録してみたサイト

リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営をしている求人情報サイトです。

登録後は、サイト内でWEB履歴書を作成することができます。

気になる企業に対してはWEB履歴書で第一判定を受け

その後面接や筆記試験に流れます。

各面接の日程調整もサイト内のメッセージ機能で行えるので

スマホに無料のアプリを落として管理でき、使用しやすかったです。

私は福岡or佐賀の企業を中心に見ていたのですが

地場の企業よりは全国展開をしている企業の支社の掲載が多かったです。

なぎさ
時期的なこともあるかと思いますが、掲載企業も3か月間ほどは特に変更無かったです

エン転職

日本最大級のエンジャパンが運営する転職サイトです。

こちらも登録後、WEB履歴書を作成し

それをもとに各企業の試験を受け進んでいく流れとなります。

エン転職サイト内では、スカウト機能があります。

WEB履歴書のデータなどを参考に

「うちの会社受けてみませんか」

的なメッセージが届くのです。

メッセージが届いたからといって

採用される訳ではないのですが

私もメッセージいただいた企業の面接を受けたことはありました。

また、系列のサイトで口コミのサイトもあります。

ある程度参考にはなりましたが

あくまで口コミなので鵜呑みにしないように注意が必要です。

なぎさ
今回の転職で私が一番使いやすかったのはエン転職でした

キャリトレ

株式会社ビズリーチが運営するサイトです。

主に20代の方向けのサイトとされています。

こちらも登録後WEB履歴書の作成が可能です。

自分から企業へアピールすることはもちろん、

エン転職同様、企業からもスカウトのメッセージが届きます。

キャリトレのスカウトにはプラチナスカウトと呼ばれるものもあり

「面接を確実にしますよ」的な内容のものもありました。

なぎさ
毎朝通知が届くのが正直うるさいと感じることもありました(笑)

知り合いの知り合いによる私の為のアプローチ

繋がる人脈

転職

私の場合、転職サイトと並行して

知人にも求職中であることを相談していました。

各転職サイトは機能も充実していて

多くの企業情報を分かりやすく見ることができましたが

イメージしているような企業がなかったというのが正直なところです。

信頼の置ける知人Aさんに相談したところ

Bさんを紹介してもらえることになったのです。

知り合いの知り合いの知り合い

Bさんは個人でジョブマッチングの仕事をされていました。

幾つか当てがあったようなのですが

どこもタイミング的にうまくハマらず。。

そんな時Bさんから

人材紹介会社に勤務するCさんを紹介されました。

結果を先にお伝えすると、私はCさんと出会ったことで

「転職サイトよりも人材紹介会社を利用したほうがいいなぁ」

と強く感じてしまうのです。

人材紹介会社のオススメポイント

ありがたいことにご縁あってご紹介いただいたCさん。

私が転職サイトよりも人材紹介会社の方が良いと感じたのは次の点です。

ダイレクトな担当者間での情報共有

転職

Cさんは人材紹介会社で10年のキャリアを持つ方でした。

各企業への顔も効き

Cさんの紹介だったらぜひ

企業の担当者からの信頼もある方

幾つも面接を設定してくれました。

もちろん私の職歴や人間を見たうえで

マッチしそうな企業をご紹介いただきました。

秘密の攻略法を伝授

転職

各試験に向けても

これまでCさんの会社の紹介で

受験した方達の情報をもとに

対策を教えてもらいました。

企業情報が必要であれば

社長が受けたインタビュー記事や

企業パンフレットも準備してもらえました。

面接ではこういう質問が多いみたいよ

とか

面接官のこの人はこういう傾向があるよ

とか

転職サイトや口コミでは知り得ない

的確な攻略法を伝授してもらいました。

転職活動以外でも相談

転職

就職から仕事からプライベート

色々と不安なことにも

気軽に相談に乗ってもらえました。

正直不安だらけの転職だったので

相談相手がいてくれて気が楽になりました。

今ではプライベートの話もします(笑)

全部が全部デジタルじゃなくていい

結果、転職サイトというデジタルよりも

人との繋がりというアナログなところで

進んでいった転職活動でした。

もちろん、情報収集などには

転職サイトが役に立つこともありました。

しかし、私個人としては

Cさんのように

幅広い企業に対する深い知識がある方と一緒に対策を練った転職活動

の方が、モチベーションも上がり

結果として内定をもらえました。

人それぞれかと思いますが

自分にあった進め方を知ること

も納得のいく転職を行える要因になるのだと思います。

なぎさ
これから就職・転職される皆さん頑張ってください~!
カチガラス

勝利を運んでくる!?佐賀で見られる真っ黒じゃないカラス

2019年5月28日
けいらん

唐津土産の名物「けいらん」を食べてみた

2019年5月18日



移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。