【ふるさと納税】唐津市人気返礼品ランキングベスト3をまとめてみた

どうも、宮崎にいる時より明らかに歩数が増えた渚です。

天神や博多に行くと歩き疲れるのは運動不足ですよね。。

さて、最近のニュースでも話題となりましたふるさと納税。

前職でちょっと関わったこともあったのですが

いよいよ国からの指導が実質的に入るのですね。

今回は唐津市のふるさと納税について調べてみました。それでは張り切ってどうぞ!

唐津市ふるさと納税人気返礼品ベスト3

1位 創業60年の老舗肉屋が作る特上ハンバーグ

ふるさと納税サイトさとふる内で

お肉カテゴリ内全国1位を獲得した返礼品です。

佐賀県産の牛と豚の合挽肉を使用しています。

特に牛は、出産を経験していない

未経産牛のみを使用するほどのこだわりがあるとのこと。

お肉はもちろん、代々受け継がれたこだわりの味付けも人気の秘密です。

自慢の下味がついているので

そのまま食べても十分に美味しくいただくことができる

ことも人気の要因の一つです。

店舗販売でも一日限定2万個が完売するほどの人気の商品のようです。


 


なぎさ
そりゃあふるさと納税でも人気出ますよね。

2位 ボリューム満点!佐賀牛極上ハンバーグ

ハンバーグ

1位に引き続きハンバーグがランクイン。

昭和20年から唐津市厳木町にて食肉販売店として開業以降

牛と豚の合挽肉を使用したハンバーグが大人気です。

ふるさと納税の返礼品では150gの

ボリューミーなパテが12個も入ったセットなどがあります。

数人で分けて食べても数食分はありそうですね!

材料の調合を絶妙な加減で行っており

ふわっふわで柔らかいことから

お年寄りや小さなお子様からも人気のようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】a−42 創業74年老舗の極みハンバーグ(150g×5個)
価格:5000円(税込、送料無料) (2020/1/5時点)


 

 

3位 佐賀牛認定店の黒毛和牛すき焼き用しゃぶしゃぶ

すきやき

佐賀の豊かな自然の中で育った佐賀牛を

一頭買いしてお肉を提供する「にくのともる」の返礼品。

唐津市内でも数店舗を展開しており

地元の方にも愛されている佐賀牛認定のお店です。

そんな専門店からすき焼きしゃぶしゃぶ用のもも

うで・肩ミックス400gの2セット品などがあります。

市内各店舗ではお肉料理はもちろん

鍋や韓国料理も楽しめるので唐津にお越しの際はぜひご賞味ください!


 

 

アニメ 「ユーリ!!!on ICE」効果!?

実在のフィギュアスケーターも出演したアニメ

唐津市のふるさと納税を調べていると「

ユーリ!!!on ICE」という言葉を度々見かけました。

調べてみると

漫画「トッキュー」や「モテキ」などの作者である

久保ミツロウさん

「LIPIN the Third」の監督を務めた

山本沙代さんの原案による

フィギュアスケートをテーマにしたアニメです。

アニメの中では

フィギュアスケーターの本田武史さんや

織田信成さんが本人役としてゲスト出演もしていたそうです。

また、2018年2月の平昌オリンピックでは

日本代表ペアがアニメの劇中局を使用して話題となっていました。

人気からアニメだけでなく、劇場での上映も行われていたようです。

納税額増加はアニメ効果!?

フィギュアスケート界で盛り上がるのは分かりますが

なぜ佐賀県唐津市が関係しているのか。

それは、主人公の出身が唐津市をモチーフにした

架空の町であることが大きな理由となっているようです。

アニメの舞台が観光地となる

「聖地巡礼」という言葉もあるように

唐津市でもアニメの反響が多くあったようです。

また、アニメ放送以降唐津市のふるさと納税が増えたということから、

アニメの影響から増加に繋がったのではないか

との噂が盛り上がったようです。

年末に駆け込み申込が多い訳

実際の申込状況を見ると、、、

アニメの影響は特になかったようです。

アニメ放送は2016年10月~12月の期間で実施されており

ふるさと納税の申し込みが多くなる12月に放送終了となったことで

前述のような話題となったようです。

ちなみに、通年で申込可能なふるさと納税ですが

年収がある程度分かる年末に駆け込みの申し込みが増えるわけです。

こんなのあったらいいなぁと勝手に思う返礼品

唐津ならではの体験プログラム

近年、観光業界でもそうですが

体験プログムが各地域ともに造成されてきています。

その場所でしか体験できないプログラムがあることで

より魅力を体感できるということです。

観光としてだけでなく

父の日や母の日などの特別な日の

プレゼントとしても商品化されてきています。

そんな中

返礼品として「唐津くんちへ参加できちゃう権利」や

「呼子のイカ漁から捌き方から食べ方まで体験」など

唐津の特色を活かしたプログラムとか面白そうだなぁと思います。

なぎさ
実際やろうと思ったら大変だとは思いますが。。(笑)

減少傾向にあるふるさと納税をいかに

ふるさと納税

ふるさと納税サイトランキングで上位に入ったこともある唐津市。

人気商品のハンバーグをはじめ

佐賀牛を中心とした返礼品が人気のようです。

全国的にも佐賀県の返礼品は人気ですが

その中でいかに差別化を図っていくかが

今後の唐津市のふるさと納税増加への課題かと感じました。

全ての自治体がそうだと思いますが

新たな制度が導入されるようなことがない限り

ふるさと納税自体が以前のように盛り上がることも無いのかとも思います。




移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。