唐津でマグロを食べるなら「まるただ」

まるただ

今年は台風が多いですね。

唐津でも昼はまだ暑く感じます。

もうじき肌寒くなってくるのかなぁと

雪が降る中での生活が少し心配になってきています。

今回はSNSで見掛けてずっと行きたかったお店をご紹介。

台風の影響もあってか

今年はイカがあまり獲れていないようです。

直近で唐津へお越しの方にはイカの代わりに

ぜひ一度味わっていただきたいと強く思います。

それでは、張り切ってどうぞ!

まるただの基本的スペック

まるただ

基本スペック

まるただの基本情報

住  所:唐津市材木町2069

収  容:15人

駐 車 場 :30台程度

た ば こ :喫煙

ラ ン チ :11時~13時頃

ディナー:17時~24時

定 休 日 :日曜日

長崎から直送!天然マグロの贅沢食い

まぐろ

まるただで食べることのできるマグロは

唐津産ではなく長崎から仕入れています。

唐津でもマグロは手に入るようですが

よりこだわったマグロを使用するために

わざわざ長崎から仕入れています。

平日のランチ時は予約する人も

決して広いお店ではありません。

ご主人が一人で対応する為

ランチ時はお断りをすることもあるそうです。

常連さんにもなると

来店する時間を連絡してから

席を確保する方もいらっしゃるみたいです。

私は土曜日のランチ時に行ったのですが

他に女性2名だけ。

逆に休日の方がゆっくりしている可能性もあります。

なぎさ
昼間から贅沢にマグロを味わうとは、、唐津のサラリーマン羨ましい。。

マグロまぐろ鮪な贅沢ランチメニュー

人気の本まぐろ海鮮どん定食

まるただ

主役のまぐろ丼・サラダ・お豆腐・みそ汁・漬物が揃った定食です。

丼ぶり一杯に盛られたマグロは見た目から満足!

ご飯にも秘密が

まるただ

丼ものというと

ご飯は白飯を使用しているお店が多いですが

まるただでは酢飯を使用しています。

それはもう

巨大なまぐろの握り寿司を食べているような

そんな錯覚を覚えます。

まぐろの脂と、酢飯のさっぱりさで

あっという間に食べることができました。

食べ終わった後はコーヒーも

定食を食べ終わった後にはコーヒーもいただけます。

個人的にはお茶が良かったのでどちらもいただきました。

ご主人との会話も楽しい時間でした。

なぎさ
ざっくばらんに何でも話していただける方でしたw

唐津駅からお店までの道のり

唐津駅を背にして

まるただ

まずは、唐津駅北口を背にして直進します。

親和銀行が第一の目印

まるただ

歩いて3分程で親和銀行唐津支店を過ぎて

すぐ右折します。

親和銀行を右折せずに直進してしまうと

佐賀銀行がすぐあります。

佐賀銀行まで行っちゃうと間違ってますので気を付けて。

ひたすら直進

まるただ

右折後はひたすら直進します。

病院や雑貨屋さん⇒居酒屋⇒スナックの順で

道沿いのお店も変化してきます。

突き当たるまでひたすら真っすぐ進みます。

突き当たりはT字路になっているので、右折。

すぐ唐津くんち像があるので左折して橋を渡ります。

道路挟んですぐ

まるただ

その後は大通りを目指します。

橋を渡ってすぐ左折してすぐ右折。

大通りといっても2車線の通りですが

道を挟んで向かい側にのぼりが見えます。

通りを渡ってすぐお店があります。

車でお越しの方は駐車場を!

まるただ

唐津駅から歩いて10分くらいでした。

車でお越しの方は材木町駐車場をご利用ください。

来店時、ご主人に

材木町駐車場を使用していると伝えると

割引券をもらえます。

駐車場からは歩いてすぐです。

贅沢ランチの唐津サラリーマン!?

最近お肉よりもお魚を食べたくなってきています。

年を重ねると味覚が変わってくると言いますが

まさにそのとおりだなぁと身を持って感じています。

今回ご紹介した他にも

刺身定食や大トロ海鮮丼定食

サーモンカマ塩焼きなどがあります。

夜には居酒屋メニューもありますし

11月からは

鹿児島産の猪肉を使用したイノシシ鍋なども

楽しめるとのこと。

何よりも席数が限られているので

ランチ・ディナー問わず一度連絡を入れてご利用になることをオススメします。

松浦漬

所さんも絶賛した唐津の珍味松浦漬

2019年6月9日
けいらん

唐津土産の名物「けいらん」を食べてみた

2019年5月18日



移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。