【フレンドファウンディング】「polcaポルカ」に登録してみた

ポルカ

久し振りに見た仮面ライダーの設定がカオス過ぎて

「年をとるというのはこういうことか」と感じてしまいました。

どうも渚です。

以前から少し興味のあったクラウドファウンディングサービスについて調べていると

ライトな感じで始めれるサービスを発見しました。

今回はそんなサービスについてまとめました。

それでは、張り切ってどうぞ!

「ポルカ」とはどんなサービスなのか

ポルカの基本的スペック

自分のやりたいこと【企画】をでシェアし、共感した人から支援をもらえるサービスです。

無料のアプリでこれまで15万件以上ダウンロードされています。

ポルカ内でシェアされている企画を見ると

誕生日のお祝いから会社設立まで幅広い企画が上がっています。

株式会社CAMPFIREが運営するフレンドファウンディングサービスです。

フレンドファウンディングとはFriend(友達)とFunding(資金調達)を合わせた造語です。

クラウドファウンディングとの違いについて

女優のんさんが出演したCMが話題となっている「CAMPFIRE」をはじめ

様々なクラウドファウンディングサービスが広まっています。

クラウドファウンディング(CF)とフレンドファウンディングポルカ(FFP)の大きな違いは下記の点だと思います。

CFとFFPの違い

①設定金額の違い
⇒CFは10万円以上の設定が多い。

➡FFPは1千から設定可能。

②企画リリースまでの道のり
⇒CFは2週間以上必要。

➡FFPは数分程度。

なぎさ
個人的にはCFのライト版がFFPのようなイメージでいます。

ポルカの使い方

ポルカ内でアカウント作成

まずはスマホで無料アプリをダウンロード。

FBアカウントもしくは携帯番号でアカウント作成をします。

ニックネームは登録後の変更が可能ですが、ユーザー名は変更できないので注意が必要です。

Twitterアカウントをお持ちの方はぜひ記載することをオススメします!

ポルカで企画を登録

ポルカ内でやりたいこと【企画】を登録します。

イメージ画像1枚の挿入と、テキスト400文字以内で企画のタイトルや説明を入力可能です。

企画内容を登録した後は、金額や支援者へのお礼などを登録していきます。

企画登録後は、内容の変更や修正ができません。

最終確定前にはしっかり確認することをオススメします。

ポルカで企画を支援

ポルカ内では他の登録者の企画を支援することができます。

共感した企画へ支援金を送れるのですが、支援にはクレジットカードの登録が必要です。

企画内容やお礼などを見て興味がある企画があれば、誰でも応援することができます。

登録を終えて気になった点

登録から変更までスマホで簡単操作

実際に登録までを行ったのですが、本当にスマホ1台と数分あれば企画のリリースが可能です。

スマホでの文字入力が苦手なので苦戦しましたが、慣れてる方は一瞬で企画リリースが可能です。

なぎさ
PCでも対応してくれていたらもう少し使いやすいと思います。

手数料も考えて料金設定を

集まったお金を引き出す際に、銀行振り込みの場合216円(税込)の手数料が必要となります。

金額設定の時は、手数料も加味することを念頭におきましょう。

登録時に注意すること!

本当に数分で登録まで完了します。

ただし、登録した後に企画内容の変更が必要だと気付いた際に修正ができないことが難点です。

企画登録の際はしっかりと確認することをオススメします!

なぎさ
企画登録した後に間違いに気付いて、初めから入力するのはしんどかったです。。

気軽にかつ計画的に!

登録からリリースまで本当に数分で終わったことにびっくりしました。

「クラウドファウンディングを使用したいけど、そんなに大きなプロジェクトでもないし。。」

なんていう方にオススメかなぁと思います。

といっても30万円までは設定できます。

もちろんしっかりとした計画のうえで使用することも可能だと思います。

私も今回企画をリリースしてみたので、ぜひご支援ください(笑)

リリースから反応までを次の記事でまとめてみたいと思っています!

 




移住1年生 宮崎渚の原点

平成元年生まれの私ですが、令和元年の幕開けに佐賀県唐津市に移住しました。地元にこだわって仕事をしてきた私がなぜ移住をしたのか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎県日南市生まれ。 令和元年5月より佐賀県唐津市へ移住。 地元日南市の観光やグルメをメインとした情報や佐賀県唐津市の情報をお伝えします。初心者なので少しずつになるかと思いますがどうぞご贔屓に。